News

2019.06.216月23日(日)〜30日(日) 調布国際音楽祭2019

7年目を迎えた調布国際音楽祭。音楽監督はオランダ生まれでBCJ(バッハ・コレギウム・ジャパン)首席指揮者の鈴木優人さん。世界的アーティストがやって来て、町中が音楽で溢れます。初日は山下洋輔ピアノ「ラプソディー・イン・ブルー」でオープン、最終日はバッハ・コレギウム・ジャパンによるバロック協奏曲の夕べ。佐伯はスタッフとして参加しています。皆様のご来場をお待ちしています。http://chofumusicfestival.com/cmf2019/

2019.05.01佐伯恵美企画公演『クリスマスの思い出』が紹介されました

作家 下重暁子の新書「年齢を捨てなさい」(2019年4月新刊)の中で、佐伯恵美が企画した公演『クリスマスの思い出』が紹介されました。トルーマン・カポーティは作品『ティファニーで朝食を』でよく知られた有名作家ですが、『クリスマスの思い出』は彼の幼少期の思い出を綴った感動的な作品です。
(下重暁子「年齢を捨てなさい」幻冬舎 より抜粋)佐伯恵美さんの企画で矢代朝子さんの朗読、佐伯さんの作曲とピアノ、村上春樹さんの要望で全編カットなしの2時間近い物語と音楽でした。矢代さんは、有名な劇作家・矢代静一の長女で、文学座で基礎を学んだ女優です。オランダでクラヴィコードという古楽器を学んだ佐伯さんが奏でる、桜材で出来た美しい楽器のかそけき音に魅せられた私は、詩の朗読とクラヴィコードで、軽井沢で催しをしたことが何回かあります。物語は回想の形で始まります、、、、、年の差なんて関係ない、この上なく最高な2人の関係。その思い出を持っている限り、人は老いるということはないのです。終わり近くになると、会場からはすすり泣きが聞こえました。黙ってハンカチで目を押さえている女性もいます。私も目頭が熱くなりました。

2019.01.02邦楽笛奏者、藤舎理生さんとレコーディング

藤舎理生さんの新しいCDのレコーディングに参加しています。理生さんの作曲した能管の曲「天翔ける」にピアノで即興演奏を試みました。毎回、思いがけない掛け合いになって、とてもエキサイティングです。CDリリースは今年の夏予定だそうです。どうぞお楽しみに!